蜂の子を摂ろう!

メニエール病におすすめの蜂の子

メニエール病は内耳のリンパが増えてしまい水ぶくれとなっている状態で、耳が詰まった感じがしたり、耳鳴りに悩まされたりします。メニエール病のめまいは、ふわふわと雲の上を歩いているような感覚になり、そのめまいの時間は短い場合は10分、長いときには数時間ほども続いてしまいます。

メニエール病のめまいを何とかしたいと考えているのであれば、蜂の子がおすすめです。メニエール病は、内臓の働きを調整している自律神経の失調によって起こるのですが、蜂の子を食べることによってめまいがなくなったり、耳鳴りが改善したという実験結果が報告されています。

蜂の子がなぜメニエール病に効果があるのか、それは、蜂の子がストレスホルモンと呼ばれているコルチゾールを低下させることができるからです。ストレスと自律神経の低下は関係があると言われているため、蜂の子によってメニエール病が改善されるのです。

メニエール病で蜂の子を食べるときは、携帯しやすいサプリメントが良いでしょう。生の蜂の子は賞味期限が短く持ち運びには不向きです。めまいや耳鳴りを感じたときにすぐに飲むことができるため、蜂の子サプリメントを利用しましょう。

蜂の子のサプリメントを選ぶ時は、雄のミツバチの蜂の子のみが入ったものをおすすめします。雄の蜂の子は雌と比較して、子孫を残すパワーが強いです。雄の蜂の子は、成虫になるまでの期間が長くかかり、雌の3倍ものローヤルゼリーを食べて育ちます。よって、体の中に豊富な栄養素がぎっしりとつまっているというわけです。雄の蜂の子は、1つの巣の中に2%程度しかいません。よって価格は高くなりますが、その分効果も高いため、メニエール病の改善を望むのであれば雄の蜂の子が良いでしょう。